忍者ブログ

激安レビトラ販売

ED勃起不全薬のバイエル社の純正レビトラ錠やレビトラのジェネリックであるCIPVARなどの激安個人輸入代行

ベストケンコー - レビトラでタグ付けをされた商品

EDの原因とは何ですか?

大きく分けると、心因性によるものと器質性によるものの二つがあります。

心因性とはつまり心理的なもので、たとえば、職場や家庭などにおけるストレスによるものです。

大病を患ったわけでもないのに、ペニスに元気がない。気にはなるものの、単なる疲れが溜まっているだけと放っておいていたら、EDになっていたということがあります。

たとえば40代や50代前半の、仕事が忙しく、会社での立場も重要なポストを任されている世代の人たちによく見られます。彼らは子供がちょうど進学=受験時期にあたり、家の内も外も悩みはつきません。妻とのセックスはとんとご無沙汰で、年中行事の一つになんていう人もいるかもしれません。たまの秘め事もすでにマンネリ化していて、単なる義理でしかなく、多くを求めも期待もしれない。

子供の教育・成長に気をとられ、会社の仕事に忙殺され、性的には無関心にならざるをえないという世代です。これらの人たちは、心の問題を多く抱えており、いわばこういった状態がEDの温床となっているんです。

私の感触では40歳以上の男性の35パーセントがすでにその危険ゾーンにあるといっていいと思います。“ある日突然ED”という例はほとんどなく、このように公私ともども忙しくしているまだ健康であると思っている人にEDの影は忍び寄っているのです。

こういう経験はありませんか?

勃起はするし、自慰もできるのに、いざセックスの段になると駄目になる。別の女性なら大丈夫だが、何故か奥さんが相手だと駄目だという。

これらは心因性によるものです。この場合、セックスそのものがストレスになってED状態を引き起こしているケースです。

たとえば、子作りに燃える奥さんが、排卵日が近づく度にテーブルいっぱいに精力のつく料理を並べ、

「おかえりなさ~い」

とニッコリ微笑みながら出迎える。これが自然な形ではなく、子作りという目的のためだけに続けられていくと、それを迎えうつ男の側としてはだんだんと苦痛になり、ある日、ついにムスコがいうことをきかなくなる。あからさまに落胆する奥さんの様子を見てさらに傷つき、次の排卵日を考えただけで萎えてしまうのです。

他にも、若い時の早漏・包茎等によるコンプレックスが尾を引き、セックスに対して自信を失ったままの人にも心因性のEDに見舞われることがあります。

心の問題は百人百様で、治療におけるマニュアルがるわけでなく、厄介な問題です。

ただペニス自体の機能に問題があるわけではないので、きっかけさえつかめばなんていうことはありません。喉元過ぎれば熱さ忘れるで、それまで悩んでいたことが嘘みたいに思えるものです。あれこれ考える前に、もっともっとセックスを楽しもうと考えてみて下さい。決して、悪い方向にはいかないと思いますよ。

環境の整備、男としての自信、セックスでの自信がEDを解決してくれるはずです。

だから、一人で悩み、諦め、絶望することなく、医者に相談してみて下さい。

器質性によるEDですが、まず糖尿病、高脂血症、高血圧症等の基礎代謝疾患のある方に高い確率で起こっています。

たとえば、糖尿病患者は正常な血糖値の人より2.5倍の割合で、高脂血・高血圧症の人は正常値の人の1.8倍です。

糖尿病は俗に贅沢病といわれ、現代病の代表的な病気です。日本では未治療者を含めると、男女合わせて700万人もの方が冒されていると推定されています。そのうち、50歳過ぎの男性の約半数がEDと見られ、その数は年々増す一方です。

高い確率でEDを引き起こしている糖尿病ですが、その因果関係についてははっきりしていません。長期間の高血糖状態がさまざまに作用し、それが絡み合ってEDになっているのではないかと思われているのですが、そのパターンはいろいろです。たとえば、糖尿病によっておこる合併症に気落ちし、活力が失われてEDになってしまう。これは合併症に心因性もはたらいたものです。

糖尿病とEDとの因果関係の解明は、今後のED治療における大きな課題の一つです。

前立腺ガン、膀胱ガン、直腸ガン、腎疾患等の骨盤内手術を施した人のほとんどがEDを訴えてきます。末梢神経に障害をきたしたためです。前立腺や膀胱、直腸の間には陰部神経が通っていてこの部分の除去手術を行なうと、自分の意志での勃起はほぼ不可能になります。陰部神経を残す手術は極めて難しいものなのです。中にはごくごく低い確率ながら残せることもありますが、まずほとんどといっていいくらい損傷を受けると思って覚悟をしてください。もちろん、こうした手術を受ける際は、医者から説明があるでしょうが、誰もが重大なガンの手術の成功をまず考え、性的機能の問題は二の次です。

このように末梢神経障害は、神経が通わなくなったために性機能を失ってしまうケースで、ペニス自体には何ら問題はありません。交通事故やスポーツ中の事故やケガによる外傷性の脊髄損傷を負った場合も、100%がEDになります。

脊髄は脳と全身の皮膚、筋肉、臓器の知覚と運動の神経情報を通わせるいわばハイウェイです。体のさまざまな部分で受ける感覚を脳に送り、また脳からの運動命令を出すのもこの脊髄を通る神経によって伝えられます。ここで、もし神経が切れれば、そこから先は感覚もなく、麻痺してしまいます。脊髄が損傷したら事態はさらに深刻です。たとえば、尿意も便意も感じなくなり、性感も失われてしまうのです。

他に、高齢者に多い前立腺肥大症によるEDがあります。高齢の男性のなんと半数以上は、前立腺に肥大結節が確認されています。前立腺肥大症になると、勃起力が衰え、また治療に使用する抗アンドロゲン剤は副作用として性機能障害を引き起こしてしますのです。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- 激安レビトラ販売 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング